リバウンド

リバウンドについての情報がたくさんあります。脂肪に悩まない秘密のことを知りたい方へ、嬉しい情報を解説します。

もうダイエットで失敗しない!!リバウンドを恐れない方法

HOME

減量とリバウンドについて

リバウンド

せっかく減量をしても、リバウンドをして前より体重が増えては元も子もありません。
リバウンドはなぜ起こってしまうのでしょうか。
減量をしたけれど、結果的にリバウンドしてしまったという話はよく聞きます。
リバウンドとは、減量で減らした分の体重が元通りになってしまったり、それ以上に太ってしまうという減少です。
リバウンドと減量を交互に繰り返していると、ダイエットの効率が悪くなって、痩せづらい体質になってしまいます。
減量するとリバウンドしやすくなるのは、何が理由でしょう。
人間の体は、急激な環境の変化に対応する機能を持っています。
減量するときに摂取カロリーを減らし、食生活を変えることによって体重を急激に減らしたりすると、体内では大きな変化が起こることになります。
食事の補給が一時的に途絶えても、体温や内蔵機能に支障が出ないように、人の身体は最低限のカロリー消費で済むように体を調整し、過酷な環境でも生き延びられるようにします。
一旦この状態になってしまうと、途中で急に減量を中断して、元通りの食事量に戻してしまうと、一気に体重が増えてリバウンドします。
減量を続けていると、ある時急に、体重の減少が鈍化します。
リバウンドを防ぐには、体重が一向に減らない時期に入っても、減量を諦めないことです。

リバウンドをしない減量の方法

リバウンド

減量にはリバウンドがつきものです。
そのつもりで減量をする必要があります。
リバウンドを極力予防するにはどうしたら良いのでしょうか。
減量と並行して筋トレなどをして、基礎代謝を高めるという手法が存在します。
食事量を減らすことは減量効果があることですが、筋肉の量が少なくなって基礎代謝が下がり、脂肪を燃やしづらくなることがあります。
基礎代謝を上げるためには、減量中でも良質のたんぱく質を含む大豆類や、脂身を除いた肉を摂取し、適度な運動をして筋肉をつけることです。
体に必要な栄養素は食事でしっかりとって、減らしすぎないようにすることで、骨や筋肉の強化がはかれます。
減量のペースは、一ヶ月につき体重の5%以内にします。
体重の減りがゆっくりになった場合でも、ダイエットは継続しましょう。
無理なく続けられる減量方法を選ぶのもリバウンド防止のためには重要です。
健康を害しながら体重を減らすことになるような減量方法も存在します。
世間の価値観を鵜呑みにしないで、自分の目で確認し、判断をすることが大事です。
できるだけリバウンドが発生しないように意識しながら、無理なく減量を行うことが重要です。
リバウンドしやすい減量といえば、食事の分量を著しく減らして、体内の脂肪を燃やそうというものです。

リバウンドしやすい減量の方法

減量に取り組んでいる限り、誰でもリバウンドという問題に直面します。
リバウンドは減量中に適度な運動をして筋肉をつけることと、バランスの良い食生活を続けることで防ぐことができます。
リバウンドは、減量をする時のやり方が、正しくなかった時に起きるものです。
リバウンドが起きやすい減量方法とは、一体どんなものでしょう。
減量のためにカロリー摂取量を大幅に減らした場合、リバウンドしやすくなるといいます。
減量のため、食事を減らすことは珍しくありません。
ですが、食事制限をしすぎると筋肉量が減り、代謝低下によってリバウンドが起きやすくなります。
ダイエット自体が、リバウンドの原因になっています。
りんご、キャベツ、ゆで卵などひとつの食品を食べ続けるダイエットは、必要な栄養を摂ることができずリバウンドを招いてしまいます。
腸にあるものを下剤で出して、体重を減らすという減量もありますが、薬に頼って排出を促すだけでは、本質的な意味での痩身ではありません。
下剤の量を誤ったり、継続的に飲み続けていると、リバウンド以外に脱水症状になる恐れもあるでしょう。
ダイエットの方法が適切でないと、体に負担がかかって月経不順になったり、妊娠しづらくなったり、摂食障害になる恐れもあります。
ダイエットに取り組む時には、リバウンドの起きないように減量方法を実践することです。

リバウンドで体重を増やさないためのポイント

一旦はダイエットがうまくいったように見えても、リバウンドで体重が戻ってしまうことがあります。
ダイエット後のリバウンドを防ぐためにはどのようなことに注意したら良いのでしょうか。
人の体は、エネルギー供給が著しく減少した時などに、ホメオスタシスという働きをします。
食事を少なくすれば一旦は体重が減るかもしれませんが、筋肉が衰えるなどした結果、太りやすい体質になってしまいます。
体に必要な栄養は確保し、規則正しく三度三度きちんと食べることが必要です。
適量で、栄養のバランスのいい食事を規則正しく食べることで太りすぎを正し、健康的な生活をすることが、リバウンドしないダイエットにつながります。
精神的なストレスを緩和しながらダイエットを行うことも重要です。
ダイエットのために無理をしすぎると、いらいらが蓄積します。
ストレスはリバウンドの原因にもなるうえ、過食にもつながりやすいものです。
ストレスの少ないダイエットを実践することが、リバウンドを軽減することになります。
急激にダイエットをしないことも大事です。
ホメオスタシスが働かないようにダイエットをするには、体重の減少は毎日5%以下に抑えることです。
時間をかけてじわじわと体重を落としていくことが、停滞期も感じずにダイエットに打ち込める理由です。
リバウンドせず、体重を減らしていくためには、運動をして筋肉をつけること、カロリー摂取量は減らしすぎないことを心がける必要があるでしょう。

サイトメニュー

クマ

サイトメニュー


Copyright (c) 2018 もうダイエットで失敗しない!!リバウンドを恐れない方法 All rights reserved.