リバウンド

リバウンドについての知識が豊富にあります。低カロリー食品について関心のある人へ、素敵な知識を説明しています。

もうダイエットで失敗しない!!リバウンドを恐れない方法

HOME

リバウンドの対策について

リバウンド

リバウンドは、ダイエットの大敵です。
苦労して体重を減らすことができたのに、リバウンドをしてしまっては元も子もありません。
リバウンドは、ダイエットをしている人のほとんどの場合に起こると言われています。
ダイエットをするのであれば、リバウンドは避けては通れないものです。
起こる原因をしっかり把握して適切に対処することが大切です。
リバウンドはダイエットに必然的についてくるものといっても過言ではないでしょう。
どのくらいのリバウンドが起きるかは、ダイエット方法や、体質によって異なり、数sしか増えない人もいます。
リバウンドしたために、ダイエット前より体重が増えてしまったという人もいます。
ダイエットをしなければよかったことになってしまいます。
ダイエットをする時には、リバウンドの対策をしっかり行う事は、ダイエットを成功させる為に大切なものといえます。
ダイエットのスペシャリストの中には、ダイエットを制するにはリバウンドを制する事であると言っている人も少なくありません。
リバウンド対策というのはダイエットをする上で、成功の鍵ともいえるということなのです。
ダイエットの鍵ともいえるリバウンド対策にもいろいろな方法があります。
ダイエットに取り組む前にはリバウンドについて調べておき、有効な対策はないかをチェックすることが欠かせません。

リバウンドの仕組みと対策

リバウンド

リバウンドは、ダイエットと切っても切れない関係にあります。
対策にはどんなものがあるでしょう。
リバウンドがどうして起こるのか仕組みについて説明します。
リバウンドの仕組みを理解することで、リバウンドの対策を立てることが出来るようになります。
ダイエットをしようと思い立った時には、ほとんどの場合、食事の量を減らして、運動をしはじめると思います。
食事のカロリーを計算して、高カロリーの食材を食べないように制限して、運動量を多くしてダイエットに励みます。
ダイエットをスタートして最初の1週間ぐらいは体重が順調に減ります。
ダイエットが簡単に成功するかのように思われリバウンド対策など必要ないと感じます。
けれども、以後はせっせと食事を絞り、運動をしているのに、体重の減少が鈍化し、時には増えてきたりということになります。
人間の体にはホメオスタシスという機能があり、体重が減りつづけないように代謝を抑制したり、リバウンドを引き起こしたりします。
ホメオスタシスという機能は、緊急時などに食事ができずに十分な栄養が取れなくなった状況に対応する為、体に備わっている機能なのです。
極端に食べ物を減らしたダイエットをすると、体は緊急事態と認識して消費カロリーを極端に減らし体内に残っているエネルギーを貯めようとするのです。
ホメオスタシスの機能が働くと、いくらダイエットをしても、カロリーは消費されない体になってしまいます。
エネルギーを体に貯めようと働くので、体重が増えてリバウンドしやすくなってしまうのです。
ホメオスタシスをできるだけ活発にさせないまま、注意深くダイエットをすることによって、ダイエットを成功へと導くことができるのではないでしょうか。

リバウンドの対策をする方法

リバウンドに対する対策を講じるためには、ホメオスタシスを把握することが大事です。
ダイエットをしている人の多くは、短期間の過激な食事制限によるダイエットをしています。
リバウンドを起こしやすいダイエット方法なので、あまりおすすめできない方法です。
よく短期間で何キロもの体重減に成功したと、短期間でのダイエットに成功したと宣伝しているダイエット方法もあります。
短期間での極端な食事制限によるダイエットは、リバウンドが起きやすい状況になっています。
一度体重が減ったとしても、すぐに元の体重に戻ってしまう可能性が高くなります。
リバウンドの対策のためには、今の5%以上の体重を、1カ月で減らしてしまわないように調節することです。
ホメオスタシスは、体重の5%以上が1カ月で減ってしまうような、日頃起きないような状況に対応しようとします。
ダイエットの停滞期に入って体重がなかなか減らなかったりします。
反対にリバウンドして太ってしまっても、ダイエットを中止して食事を急には戻さない事も大切です。
ダイエットの停滞期に入ったとしても、あきらめずに最低でも1ヶ月ぐらい続けると体は緊急事態ではないと認識して元のように痩せるようになります。
リバウンドの事を一切知らずに、ダイエットが思うように進まないからと1ヶ月くらいで挫折して途中でダイエットをやめてしまうと、せっかくの努力が無駄になってしまいます。
リバウンドは誰でも起こるものだと考えて、ダイエットの結果ばかりに神経質になり過ぎ無い様にしましょう。
気長にコツコツと続けられるようなダイエットを選んで、無理なく食事改善や運動をしていくことがリバウンド対策になります。

痩せるコツとは

痩せるためにはコツがあるものなのでしょうか。
体重が増えて太り気味になってくるとダイエットのことを考えて、ダイエットするのに何か簡単にできる方法とか痩せるコツはないかなと思う人も多いことでしょう。
ダイエットには、様々なコツがあります。
痩せるコツを知ることで、効果的なダイエットをしたいものです。
痩せるコツを把握するためには、まず、人間り体について知ることです。
人の体には、ホメオスタシスという機能があります。
これがリバウドの有無にかかわってくるものです。
山の中で迷ってしまった場合などを考えると、ホメオスタシスの意味がわかります。
ニュースなどで、山や海で遭難したけれども、わずかな水と食料だけで、1週間食いつないだというエピソードを聞いたりします。
これは、ホメオスタシスが働いたことによります。
食べる物が無いという危機的状況になると、少量でも体に入ってきたカロリーを温存して体を動かしてもあまりエネルギーが消費されないような状態に体の機能を維持するというものです。
ダイエットのために食事を少なくしている時でも、ホメオスタシスは非常事態と感じます。
カロリー量の少ない食事や、たんぱく質の摂取量が減っている時には、体が少ない栄養でできるだけ長生きできるようにと、体内に取り入れられたカロリーをできるだけ蓄積し、少しずつ使おうとするというわけです。
ホメオスタシスが機能して人体が省エネ状態になると、食事の量を減らしていても、太りやすく痩せにくい体質ができあがってしまいます。
体内に蓄積されたカロリーを一向に消費しない体になるとダイエットの効率は下がる一方です。
食事制限だけをベースにしたダイエットはしないようにしましょう。

痩せるコツと食べ物

効率的に痩せるコツは何かといえば、食事が非常に大事になるでしょう。
痩せる為に食事のカロリー摂取量を減らそうとして、野菜サラダやこんにゃく、きのこ類や海藻類などの低カロリーの食品のものばかりを食べる人がほとんどでしょう。
どうすれば痩せるのかを求めるのであれば、食事のカロリー量を減らすという方法はコツにもなりません。
カロリーの低い食事をしていると、体が省エネモードに突入してしまい、ダイエットがしづらい体質になってしまいますので、いい方法とはいえません。
痩せるコツを踏まえて食事をするのであれば、体に必要なカロリーを、栄養の偏りなく摂取することです。
食事からはたんぱく質をきちんと補給することが、重要なポイントともいえます。
たんぱく質は肉に多く含まれています。
肉は脂肪分もあり、カロリーが多い食材なので、ダイエット中には肉を断っているという人もいるようです。
たんぱく質と言うのは筋肉をつけるために必要な栄養成分です。
たんぱく質をを補給し、筋肉をつけることで、体内に蓄積された脂肪をスムーズに燃焼させることができるようになります。
食事からたんぱく質を補給し、運動をして筋肉を増やすことで、新陳代謝が促進され、体内の脂肪がスムーズに燃焼するようになるのです。
ダイエットを成功させるためには、代謝の高い体質になって、エネルギーをどんどん燃やすことです。
カロリー制限を重視しても、脂肪燃焼が活発になることはありません。
たんぱく質を食事から取り入れ、運動と組み合わせて筋肉をつけることが、痩せるコツであるといえるでしょう。

痩せるコツと運動

適度な運動は、痩せるコツとして大事です。
運動を習慣にすることによって、効率的なダイエットを成功させることができます。
ダイエットしようと考えたとき、体を動かす事が好きな人であれば運動によるダイエットも苦になりません。
運動に苦手意識があったり、運動が嫌いという人であれば、ダイエットの運動が苦行になるでしょう。
運動が苦手な人が、無理に運動をするとストレスになってしまいますので、違う方法を探したいものです。
精神面でやる気が尽きてしまうことが、ダイエットを中断してしまう理由になることがあります。
痩せるコツの一つに、持続可能なダイエットをすることがあります。
そのためには、ストレスをためないダイエットにすることです。
ダイエット中のストレスをそのままにしておくと、ストレスが原因でやり気が低下し、今まで我慢していた反動がきて食べ過ぎや飲み過ぎ状態になってしまうこともあります。
ストレスを緩和しながらダイエットをすることが痩せるコツです。
運動があまり苦ではない人は、ウォーキングや水泳などの体にあまり負担がかからない運動から始めると良いでしょう。
カロリーの燃焼効率を高めるためにも、運動を習慣づけて、代謝のいい体をつくっていきましょう。
実際に何度かやってみて、全く楽しみが見出せないような運動を続けることは難しいでしょうから、続けやすそうな運動を選ぶようにしましょう。
難易度の高い運動を最初からやろうとするのではなく、軽い気持ちでチャレンジできそうなものから始めましょう。
目標をだんだんシフトしていくことが、効率的にやせるコツです。
手軽にできる運動をまずは続けてみて、体が順応してきたらより激しい運動にすることが、確実に痩せるコツであるといえます。

サイトメニュー

クマ

サイトメニュー


Copyright (c) 2018 もうダイエットで失敗しない!!リバウンドを恐れない方法 All rights reserved.